ハゲの進行は人それぞれ


4e75516fc4cb003c172cc9b3b055274a_s

 

人は生まれたときには髪の毛がなく、

成長するにつれて髪も生えて成長していきます。

そして、年をとっていくと身体全体が衰えはじめ、

髪の毛もまた、衰えていくのです。

 

しかし、その差には個人差があります。

おじいちゃんになっても髪の毛がまだ黒い人もいますし、

きれいに真っ白になっている髪の人もいます。

また、若くしてハゲに悩まされている人もいます。

 

その差はどこで生まれるのでしょうか?

洗い方によって差が生まれる

 

ハゲの進行の差は、洗い方の差でもあります。

髪を洗いすぎると頭の皮膚細胞が剥がれ、

頭皮にダメージを与えてしまい、

髪の毛が抜けやすくなってしまいます。

 

逆に髪の毛の洗い方が不十分だと

頭にゴミが溜まり、同じく髪が抜けやすくなるのです。

 

年をとっても髪の毛が立派な人は

洗いすぎず、髪の毛の汚れを残さない

適度な洗い方を維持してきた人達なのです。

 

ハゲは遺伝?

 

ハゲは親からの遺伝という考え方には賛否両論です。

 

それは髪の毛の洗い方や健康管理などが原因で

ハゲることもありますし、

遺伝の影響で仕方なくハゲてしまった可能性もあり、

原因がどこにあるのか確認するのが難しいところにあります。

 

「おじいちゃんがハゲていると、その子もハゲる」

という話をよく耳にしますが、

家族で同じシャンプーを使っていて、

そのシャンプーの素材が悪かった為、

おじいちゃんも、その子もハゲた可能性もあります。

 

結局のところ、すべて遺伝が原因・・・とは

言い切れないようです。

 

血行の良し悪しが原因

 

しっかりバランス良く栄養を摂らないとハゲてしまいます。

 

僕たちの身体は、生きる上で重要になってくる部分から

優先的に栄養が送られるようになっています。

 

身体の中の心臓や脳、臓器などに栄養が送られ、

その後で身体の外側である部分、

皮膚や髪の毛に栄養が行くようになっています。

 

つまり、栄養が不足すると皮膚や髪の毛は

後回しにされ、栄養が送られなくなってしまうのです。

 

そのため、バランス良くしっかり栄養を摂ることが

重要になってきます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です